教育目標などについて

 


1.教育目標
 高等学校教育を通して、生徒の人格形成に努めるとともに、将来、地域のリーダーとして活躍できる資質を養う。

2.校 風
 愛と 和と 熱情と

3.校訓
 燃えろ桐南 左手に雑巾 右手に辞書

4.運営目標

  ○ 生徒が次の目標に取り組むために生き生きと活動できるよう教職員の共通理解を図り、適正 な学校運営を行う。

   ア 学力の向上  イ 体育の振興  ウ 情操の陶冶  エ 校風の伸展

  ○ 校外体験活動を通して、地域の自然、文化、産業、経済について学び、自己の在り方、生き方を思索させ、将来の望ましい勤労観・職業観を育成する。

5.本年度重点目標
地域の進学校として、「高い進学実績、強い部活動、楽しい学校行事」の全てを達成することを目指し、 下記の目標を設定する。
(1) 学習指導の目標
ア 生徒の実態に即した教育課程の編成に継続的に努力する。
イ 相互に授業見学ができるシステムづくりに努める。
ウ 授業の確保及び改善に最大限の努力を行い、双方向の魅力ある授業の実践を通して生徒の充実感や達成感・成就感を醸成し、学力の伸長を図る。
エ 生徒の能力や適性に応じて、発展的な学習の指導に積極的に取り組み、自信や自己有用感の持てる授業を行う。
オ 各教科の学力の充実とともに、多様な入試に対応できる小論文指導を積極的に行う。
(2) 生徒指導の目標
ア 生徒と信頼関係をつくり、深めながら指導を行い、基本的生活習慣の確立を促すとともに、文武を両立する生活習慣の確立を促す。
イ 生徒が乗り越えるべき課題の明確化を図り、日常的な指導を通して、その克服を援助し、達成感や成就感を感じられる指導の継続的な実践に努める。
ウ 学校生活に意欲的に取り組み、他者と積極的に交流し、互いに磨きあい高めようとする態度を育てる。
エ リーダーシップを発揮し、生徒の先頭に立って活動できる生徒を育てる。
オ 健康や安全の大切さに気づく指導を行い、健康的に生活しようとする態度を育てる。
カ 充実した学校行事の企画・運営に努め、主体的に考え行動することのできる生徒の育成に努める。
(3) 進路指導の目標
ア 生徒が自己の在り方生き方を考え、主体的に進路を選択できるよう、学校の教育活動全体を通じた進路指導を行う。
イ 生徒が、自分の適性や能力・個性に気づき、理解し、自己の進路希望の実現にチャレンジする態度・姿勢を育てる。
ウ 進路情報の収集と提供に努め、生徒が自己を取り巻く環境や状況を適切に理解できるように指導し、進路に関する可能性の発見や進路目標の明確化を促し、その実現への意欲を育てる。
エ 健全で適切な職業観や勤労観を育成し、進路希望の実現を促す。
(4) 学校施設の充実及び社会活動
ア 安全で健康的な学校環境の創出と、施設の維持管理・保全及び校舎内外の美化に努める。
イ 登下校、特別活動、部活動、校外での活動等、その時々に行っている活動において、生徒が安全且つ意欲的に取り組むことができるよう、教職員の連携を強化し、学校全体で協力して、充実した実践に努める。
(5) 開かれた学校づくり
ア PTAをはじめ、地域社会に対して広報活動や情報発信を行い、学校図書館を開放して連携を深め、学校・家庭・地域との協力によって生徒の健全育成に努める。
イ 地域から信頼される学校づくりを推進し、地域の中学生が進んで志望する学校となるよう努める。