校長よりごあいさつ

 

群馬県立桐生南高等学校の

  ホームページをご覧いただきありがとうございます



 本校は1963年(昭和38年)の開校以来、創立55年目を迎えた普通科の男女共学校です。現在は、各学年とも4クラスで、男子278名、女子200名が在籍しています。卒業生数は10,164名に及び、政治家や会社の経営者、弁護士、ジャーナリスト、スポーツ選手をはじめとし、教育、医療の方面など、県内はもとより全国ですばらしい活躍をしています。

 桐生南高校には「愛と 和と 熱情と」という校風があります。その言葉のもと、生徒たちは学習に、部活動に、学校行事に対し、全力で真剣に取り組んでいます。

 まずは進路ですが、ほとんどの生徒が上級学校への進学を希望していて、平成28年度の現役生は、国公立大学に12名、私立大学に82名が進学しました。

 次に、部活動は、運動部15、文化部7があり、それぞれ毎日一生懸命練習しています。平成28年度の実績を見ると、運動部では、ボウリングが全国大会へ、女子バドミントン部と陸上競技部が関東大会へ出場しました。
 また、文化部では、JRC部、吹奏楽部、演劇部、映画写真部、美術部が各種コンテスト等で表彰されています。

 最後に、本校の大きな特色として欠かせないのが、多彩な学校行事です。4月の新入生歓迎ウォークラリー、6月の南陵祭(文化祭)、9月の球技大会、南陵杯(体育祭)、12月の予餞会と、いずれも生徒会が中心になって企画し、大変盛り上がりを見せる、手作りのイベントとなっています。

 桐生南高校に進学を考えている中学生の皆さん、本校職員は一丸となって「生徒たちが楽しく、充実した高校生活を送れる」ようサポートすることを約束します。
 桐南で、一緒に学びませんか!

 なお、桐南の様子は「校長室より」で適宜発信しますので、御覧になってください。


                                             群馬県立桐生南高等学校長  張 浩一