チャレンジカップ2014 グランプリ決定戦
本校生徒「笑顔の配達人」の2人が
優秀賞を受賞しました!
     
  大きな会場でのプレゼンテーション  講評は杉山愛さんからいただきました
     
   優秀賞を代表でいただきました  副賞は杉山愛さんよりいただきました
     
  我武者羅応援団の皆さんと   先生の応援団
 

 日本チャレンジ教育協会主催の「チャレンジカップ2014」に本校の生徒2名がエントリーしました。
チャレンジカップとは小学生〜高校生を対象とした、
「自分で決めた目標に挑戦する」大会です。
全国1636組14028名の中から、本校の「笑顔の配達人」2名がベスト8に選ばれました。
 グランプリ決定戦は、27日(日)に東京都にある、シアター1010で8組のプレゼンテーションが
行われました。会場に来館した全員の投票を基に、8人の審査員がグランプリを決定しました。

 残念ながらグランプリは逃しましたが、優秀賞を受賞し7組の代表で賞状を授与されました。

 
笑顔の配達人のチャレンジとは
目指したゴール 
 【ゴール】自分たちで作った大型紙芝居で、子供達に読み聞かせを行い笑顔にする。
 【結 果】6ヶ月かかった大型紙芝居を使って保育園で読み聞かせを行い、子供達に笑顔を届けることができた。
 チャレンジの内容
【内 容】これまでは10名前後で生徒が分担して作っていた大型紙芝居を今回はストーリーも絵もすべて二人だけで制作する。    
      読み聞かせに行き、子供達の喜ぶ話や表現を研究する。
       出来上がった大型紙芝居を持って、子供達に読み聞かせをする。
【結 果】約半年掛りで、登校日の昼休みと放課後を使い制作に取り組みました。
      最初に決めた予定日を過ぎてしまい、くじけそうにもなりましたが、最後には子供達を笑顔にすることができました。