保護者の皆様へ

就学支援金制度について

平成26年4月以降の入学生から、授業料を負担いただくことになりました。なお、国の支援として一定の収入額未満の世帯においては、授業料に相当する額の「就学支援金」が支給され、実質授業料の負担はなくなります。「就学支援金」を受けるには、「市町村民税所得割額」が確認できる書類と申請書等をご提出いただくことが必要です。

(1)支給額

   公立高等学校全日制 月額9,900円(授業料額)

(2)支給要件

   保護者の「市町村民税所得割額」が30万4200円未満の者

    *「市町村民税所得割額」は、親権者(両親の場合)は2名の合算額で判断。

    *両親のうちどちらか一方が働き、高校生1人、中学生1人の家庭であれば、

     市町村民税所得割額が30万4200円の場合、年収は910万円程度になります。

(3)就学支援金の受け取り

   学校設置者(都道府県)が、生徒本人に代わって受け取り、授業料に充てることになります。

   生徒本人(保護者)が直接受け取るものではありません。

(4)申請期間

   第1回申請(新1学年対象)  4月~6月の3ヶ月分について申請

   第2回申請(全学年対象)   7月~翌6月の12ヶ月分について申請

   ※申請を辞退する方及び市町村民税所得割額30万4200円(年収910万円程度)以上の
    世帯は、授業料を納入いただくことになります。

    

      ・就学支援金リーフレット(文科省作成)

     ・就学支援金リーフレット(文科省作成)(英語)

2016年09月10日

奨学のための給付金制度について

平成26年4月から、全ての意志ある生徒が安心して教育を受けられるよう、低所得世帯の生徒に対して授業以外の教育費負担を軽減するための給付型奨学金の制度です。


2016年09月10日

諸会費の納入について

公立高校では、「授業料」のほかにPTA会費、生徒会費、教育振興費、部活動後援会費、学年費などの 諸会費が必要になります。就学支援金受給世帯においても諸会費については、納入をお願いすることとなり ます。年間3回(4・5・6月)を口座から引落とします。通帳摘要欄には、「授業料等」と記載されます。

2016年09月10日

奨学金について(群馬県の制度)

 群馬県では、学ぶ意欲のある生徒が、経済的理由で進学・修学を断念することのないよう、奨学金など

 さまざまな制度があります(「高校生等を対象とした修学支援制度について(群馬県HP)」)。

 玉村高校事務室のほか、各関係機関にお気軽にご相談ください。

 *一覧表は平成26年10月現在の内容になります。今後、内容が変更される場合もあります。

2016年09月10日

住所等の変更があったとき

 生徒もしくは保護者の住所・氏名等の変更があった場合は、担任までご連絡ください。

 また、その場合は生徒本人(保護者)の住民票を添えてください。

 なお、住民票については、個人番号(マイナンバー)の記載がないものを提出ください。

 個人番号の記載のあるものは、受理できません。

2016年09月10日